[瑞泉寺 (味取観音堂) ] お地蔵さまを探しながら歩くお寺!

今回は植木温泉近くにある味取観音堂に行ってきました☆

概要

瑞泉寺(味取観音堂)は、日尾山のふもとに建つお寺です。種田山頭火が1年2カ月の間、味取観音の堂守として読経と句作の独居を続けていたそうです。植木温泉からは、植木温泉入口から味取までバスで行くことができます。

名前瑞泉寺 (味取観音堂)
住所熊本県熊本市北区植木町味取1

なにやら貫禄のある石像が!

入り口には、種田山頭火と思われる石像が佇んでいました。

階段の横にはお地蔵さま

階段を上っていくと、両脇にお地蔵さまが並んでいました。

階段を上っていくと…

長めの階段を上っていくと、お待ちかねの味取観音堂が見えてきました。

ついにたどり着いた!

本堂にたどり着きました!両脇には立派な木が生えています。

謎の番号がついたお地蔵様

敷地の至る所にいるお地蔵さまには、すべて番号が振られていました。

立ち並ぶお地蔵さま

たくさんのお地蔵さまが並んでいました。これらのお地蔵さまは似ているのですが、よく見ると全部違います。次の番号を探しながら、お地蔵さまの違いを見つけるのも楽しかったです♪

いい眺め!

本堂から見える眺めもとても綺麗でした!草木も生い茂っていて、歩いていても気持ちが良かったです☆秋には紅葉も見れるそうなので、紅葉の時期を狙って行っても良さそうです!

まとめ

たくさんのお地蔵さまが立ち並ぶ、味取観音堂。正しい道順が示されているわけではありませんが、1番のお地蔵さまから順番に探して回っていくとおもしろいと思います。植木に行くときにはぜひ立ち寄ってみてください!

平成29年9月21日現在
*内容が変わる可能性があります。
お越しになる際には事前に確認をお願いします。
取材日平成29年9月4日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です