[くさは餅本舗] 藤崎八幡宮参道沿いで、ちょいと一休み

 

きいち

新しいもの、特においしいものに出会えるって素敵ですよね。読むだけでよだれが出てしまう、そんな記事を目指して頑張ります!

こうたろう

おいしいものが大好きな大学1年生です!
初取材に行ってきました!

なお

カフェ巡り大好き!なおです!今回は和スイーツに癒されてきました(^^)/

今回は藤崎宮の参道にある「くさは餅本舗」さんの取材に行ってきました!こだわりのおもちからぜひ夏に食べたいスイーツまで、様々な魅力を紹介していきます!

 

「和」の情緒溢れる雰囲気

まず、お店に到着してさっそく驚きました…!

藤崎宮の参道にたたずむ一軒の古民家。
なんとも味わい深くどこか懐かしい、昔ながらのガラス戸がちらり。

くさは餅外観

くさは餅さんに到着!

入り口を抜けると、まるでタイムスリップして明治初期に迷いこんでしまったかのよう…。実はくさは餅さん、明治初期に創業された老舗のお餅屋さんなんです。

店内は日本の古き良き親しみやすい空間です。

くさは餅内観

「和」を感じる、落ち着いた雰囲気の店内

くさは餅庭

素敵なお庭を眺めながら、お餅や和のスイーツがいただけます!

「手作り」と「無添加」へのこだわり

餅へのこだわり

くさは餅さんのお餅は日持ちせず、次の日には硬くなってしまうそう。
これは、無添加にこだわっているからこそ!!

こちらでは最上級の九州産のもち米を使用し、湿度・温度・水分量を長年の技術で管理、毎朝つきたてのお餅を提供されています!

こうたろう

くさは餅さんの「もち米を蒸して作った」餅は、市販にみられる求肥(ぎゅうひ)を用いた餅(もどき!)とは違う、本物の餅でしか味わえない柔らかさや風味を体験できます!

その他、北海道産の高級ブランド小豆である、大納言小豆をはじめ、きな粉や白玉粉など、あらゆる素材を厳選しているそうです!

メニュー

こちらのメニューは、大きく分けて「お餅」「氷」「白玉」の3種類があります。他にも、ぜんざい、豆乳甘酒、おこわ膳など、いろいろなメニューがあります!

また、冬にはお雑煮など、季節によって違ったメニューがいただけます!お店の内観やお庭も、季節に応じて変えているそうです!

こうたろう

ぜひ、冬バージョンも見てみたい~!

今回は、「お餅」「氷」「白玉」の中から一つずつ気になったものをいただきました!

こだわり!「本物」のお餅!

くさはセット(抹茶付) (税込850円)

「お餅」からは、くさはセットをいただきました!

いそべセット

くさはセット!いそべ焼き、きなこ餅、抹茶が付いてきます!

いそべ焼きは外はパリッとしていて中はふわふわ。噛むほどに醤油の甘辛い風味が追いかけてきます!まるで、口の中で食感と風味が無邪気においかけっこをしているよう。

きなこ餅は、甘さの中にしっかりとした大豆の香ばしい香り。この味、風味を味わえるのはきな粉の原料の大豆にまでこだわっているくさは餅さんならではです!

最後に抹茶です!この抹茶、不思議なんです。苦すぎず、しつこ過ぎず大人から子供まで魅了させてくれるような味わいがあるんです。ここでもおいしさの秘訣は食材にありました。

きいち

こだわりというものは、こんなにもひとを虜にしてくれるのですね。

夏に食べたい!大満足のかき氷!

氷ぜんざい(黒蜜) (税込700円)

夏といえば、かき氷。そう思い浮かべる人も多いことでしょう。
「氷」からは、氷ぜんざい(黒蜜)をいただきました!

氷ぜんざい(黒蜜)

「氷を削って蜜をかける」というシンプルな製法にこだわっているそうです!

まず、そのたたずまいに衝撃を受けました。かき氷の上にあんこが乗っているんです!なんと、その上にくずきりまでも乗っていました!

きいち

上にばかり気をとられてはいけません。その下には氷の山を支える如く白玉がそえてありました。

最初の一口、匙をどこから入れるか迷わせながらまずはシンプルに黒蜜のかかった部分を一口。夏の暑さに疲れ切った体に染み渡る氷の清涼感、口に広がるは氷から溶け出す黒蜜の上品な甘み。

二口目はあんことともにパクリ。氷が口の中で溶けた後に『待ってました』と言わんばかりに登場する小豆は舌を満足させてから氷を追うように去っていきました!

ここまで来たら止まりません。くずきりは氷の上で冷やされ、一番いい状態で口の中に入りツルンとのどを通り消えていきます。

きいち

いろいろ楽しむうちに気付けば氷ぜんざいを完食していました。
後に残ったのは『幸せ』の二文字。

盛り付けまで美しい…。モチモチの白玉!

抹茶ぜんざい(アイスのせ) (税込750円)

「白玉」からは、抹茶ぜんざい(アイスのせ)をいただきました!

ここまで、こだわりの食材で作られたあんこ、餅、抹茶に魅了されてきた私は、この白玉も自分を驚かしてくれるに違いないとひそかに胸を躍らせながらいざ実食。

クリーム白玉(抹茶)

抹茶ぜんざい(アイスのせ)には、白玉とあんこも一緒について来ます!

…やはり、ここで期待を超えてくるのがくさは餅本舗。

モチモチ、それしか言葉が見つかりません。
満を持して表現するならば、こしのある弾力を持ちつつ、優しい歯触りは噛む行為を特別にしてくれます。

なお

抹茶アイスも抹茶と同じく、甘すぎず、苦すぎない、普段なかなか食べる機会がない上品な味わいです!(バニラアイスやコーヒーぜんざいもあるので抹茶が苦手な方でもいただけます!)

周辺のおすすめスポット

こうたろう

近くのサンドイッチ屋さんとカレー屋さんもおすすめ!

[sandwich cafe TATOMIYA] 幅広い世代を魅了するサンドイッチで至福の時間を過ごしませんか?

[equipment:FLOOR] 藤崎宮近くの異国情緒あふれるカレーが美味しいカフェ

まとめと店舗情報

食材のこだわりには味だけでなく、無添加の自然なものを使うことで体に優しく、小さな子供でも味わえるようにという亭主のやさしさもありました。

くさは餅本舗、ここには百五十年以上の歴史と伝統、そしてこだわりが詰まっていました。そのこだわりはまさに老若男女を心から魅了してくれること間違いなしです!!

この夏、くさは餅本舗で身近な非日常を感じてみてはいかがでしょうか?

お店の看板

趣ある看板が目印です

 

店名くさは餅本舗
住所熊本市中央区南千反畑町13-16

(藤崎八幡宮参道沿い)

電話番号096(359)0788<本店>

096(343)7290<工場>

営業時間9:30-17:00
店休日月曜日
駐車場2台
SNS等Twitter
Instagram
Instagram(English)

令和元年8月8日日現在
※内容・金額が変わる可能性があります。
お求めの際は、事前に確認をお願いします。
取材日令和元年6月26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です