Kumarism | くまりずむ
Kumarism | くまりずむ
2017.07.18

[滝川パン] 熊本市内で美味しいパン屋さんをさがしているならココ!!

約 4 分
[滝川パン] 熊本市内で美味しいパン屋さんをさがしているならココ!!

概要

「滝川パン」は熊本市のまち中にあるお客さんの絶えない人気のパン屋さんです。ここに来たなら必ず買うべきな人気商品から、地元の食品をふんだんに使ったその時期しか食べられないような限定商品まで、多種多様なパンが並んでいます。

とても温かく居心地の良い雰囲気のお店なので、何を買おうかと美味しそうなパンを見ながら、ついつい長居してしうようなパン屋さんです。

店名滝川パン
住所熊本県熊本市中央区安静町2-34
電話番号096-342-4398
営業時間8:00~20:00
系列店福岡天神店・仙台名取店
座席数イートイン無
定休日不定休
その他駐車場無

メニュー

圧倒的ボリューム感!たまごサンド

  • たまごサンド
    店長さんの推しパンです。中のたまごがたっぷりでボリューム満点な一品です。このサンドにたまごを何個使っているんだろう・・!って思ったぐらい贅沢感があります。また、ボリューム満点なのに、コショウが効いてるおかげか、割とペロッと食べてしまいますよ★
  • 塩バターロール
    今ブームの塩パン食感の楽しさがプラスしてとっても美味しいです!パンの上はパリッと、中はふわっとしてて下はパリパリしています。また、ひまわりの種などの穀物が入っていて、プチプチした食感もくせになってたまりません。(^^♪
  • 焼きカレーパン
    カレーのベースであるブイヨンから全て手作りで作られているこだわりの一品です。他のお店では味わえない手作り感が満載です。実は冷めちゃってても美味しいんです。焼きたての美味しさなんて、もう言葉に表せません!!(*’▽’)
  • 塩バタークッキーシュー
    ラングドシャの生地をシュークリームの上にのせているので、表面はサクサクです。百草園という無農薬の地元農家さんから仕入れた卵を使ったタポタポのクリームは甘すぎず、塩バターの風味とのコラボは絶妙に上品です。お手ごろな値段なので、夜のデザートにもお土産にもぴったりです。!(^^)!

滝川パンの裏話

滝川パンのコンセプトは、“地元に愛されるパン屋さん”で、地元農家さん応援するため、地元で採れた野菜などを使ったものを、期間限定商品として販売しています。その時期にしか食べられないレアなパンは、お客様にも好評なようです。

また、熊本大地震の際は、地元の人々のために益城町、阿蘇、市内で数万個のパンを配ったそうです。

“食べることが生きること”という状況に立たされて、改めて一番根底のことである、「食の大切さ」を感じたとお話してくださりました。

そんな滝川パンさんの裏話をご紹介します!

  • どうして看板の文字が逆⁈
滝川パン 看板

ンパ川滝・・?

滝川パンの看板には「ンパ川滝」と書かれています。どうしてなのか以前から気になっていたのでお尋ねしました。滝川パンの創業は昭和初期で、その時代は日本語が右から左で読むのが主流でした。昭和初期の時代感をイメージさせるために、あえて文字を右から左にしているそうです。

  • あのモノマネの「コロッケ」と繋がりが⁈

実は滝川パンの創業者である滝川誠夫さんは、コロッケさんの祖父なんです!大きな工場もあったかつての滝川パンですが、戦時中に空襲で工場が無くなってしまいました。しかし、誠夫さんの子孫の方々が誠夫さんの意思を継いで復興させ、今の滝川パンがあります。

まとめ

美味しそうなパン。説明もついていて選びやすいです。

本当にどのパンも美味しくて、私自身が取材して以来滝川パンに通っています(笑)まだ滝川パンに行ったことがない方、まずは行ってみてくださいね!美味しいパンが待っていますよ!(^▽^)/

この記事の作成者について

haruka
ひとりグルメ旅が夢

メッセージを送る

*
*
* (公開されません)

トップに戻る