[植木温泉 旅館 ややの湯] 浸かる、映える、美人になる!?期間限定フルーツサイダー☆

フルーツサイダー、上から

「夏休みだし、温泉行きたいなぁ」「でも、暑いなぁ……」
と思っているそこのあなた!!!

夏にピッタリの、爽やかフルーツサイダーが飲める温泉があるんです!!!!!

気になりますか? 気になりますよね!!
ではではさっそく、植木温泉に調査に行ってみましょう!

ややの湯外観

旅館 ややの湯さん。堂々と風格のある、しかしどこか優しい構えです

あたたかい空間でホッと一息♪

この日、調査に向かったのは植木温泉の旅館 ややの湯さん。

記者2名がバスの乗り場を間違えて遅刻する、なんてハプニングを経て、無事に「植木温泉入口」バス停に到着!
と思ったら、なんと若女将さん自らがバス停まで迎えに来てくださいました!!!
それだけで記者たちは心を打たれたのですが、旅館に到着すれば更に感動することになるのでした……。

ややの湯 客室

広々として、あたたかい灯りの客室。おや?障子の向こうは中庭…?

お部屋に通してもらった途端、歓声をあげました。

なんとまあ、広い!!

洗面所のドアを開けたり閉めたり、机の周りをぐるぐる回ったりとはしゃぐ記者たち。

そして、気になる障子の向こうは……!?
と言いたいところなのですが、バスの乗り場を間違えて遅刻しておりますので、お夕食の時間が間近に^^;
また後ほどご紹介しますね♪

ひとまずは休憩、とお茶を淹れました。
ほ〜っと一息ついたところで、ドアをノックする音が。
さて、お部屋でお夕食をいただきます!

旅館の醍醐味・お夕食に舌鼓!

お品書き

ややの湯さんのメニューは月替わり。お品書きは、なんと若女将の手書きです!

実はややの湯さんは、7月13日に発売されたミシュランガイド熊本・大分 2018 特別版』に掲載されているんです!
どんなお夕食がいただけるのでしょう、ワクワク!

前菜

まずはこちら。きっ、きれい……!

「先付けでございます」と、自家製の梅酒とともに出していただいたこちらのお皿。
前菜って何だっけ…?と首をかしげるほど、手の込んだ美しい盛り合わせです。

1つひとつ感動しながら食べていると、次々においしそうな料理がテーブルを埋めていきます。

馬刺し

赤々と新鮮な馬刺し。ぎゅっと引き締まったお肉が最高…!

お刺身

プルップルなお刺身は、口に入れるとトロッと溶けます。

席についてごはんをいただいているだけなのに、なんだかまるでいけないことをしているような気分…!
それくらいおいしいのですが、まだまだ終わりません。

椀物

イカのつみれ汁と、穴子の道明寺包み。おいしさも芸術的です。

この穴子の道明寺包み、穴子をお餅でくるんだものに、さらりとした餡がかかっています。
口にして思わず声が漏れるほど記事を書きながら唾を飲むほどおいしかった……。

彩サラダ

かっかわいい…!思わず声が漏れるサラダ。

このサラダのにんじんドレッシングも、料理長の手作り
薄く切って揚げてあるゴーヤは苦味がほとんどないので、どなたでもおいしくいただけます!

メゴチと野菜の天ぷら

さっくさく。さっくさくです。

メゴチというお魚と、旬野菜の天ぷら。
まずはメゴチから。衣はサクッ、中はプリプリ。しっぽまでいただけちゃいます。
最後に残した大好物のナスも、さくさくっ…とろっ!

山菜のごはん

炊きたてほっかほか!

途中、お料理と一緒に運ばれて来た小さな。火が消えたので蓋を開けてみると…ふわっっ!!!
自分のペースで炊きたてのごはんをいただけちゃうなんて、ニクいですねぇ♪
白ごはんにするか山菜の炊き込みにするかを、事前にお選びいただけます!

鉄板焼き

お肉とお野菜を陶板で。ピントが具材に合っていないのはご愛嬌☆

さてさて、こちらもご自分のタイミング・お好みの焼き加減で。
なんと、和牛と馬の肋肉です!どちらもなかなか食べられない良いお肉…っっ
すぐに火が通るので、早く撮らねばと慌ててしまってピントがうまく合いませんでした^^;

デザートの盛り合わせ

ややの湯プリンと植木産フルーツの盛り合わせ。最後まで素敵です♪

温泉旅館の記事のはずが、ただの食レポになってしまいましたね^^;
しかし、ややの湯さんの魅力はごはんだけではありませんよ!?

続いての魅力へGOGO!

ややの湯さんの美人の湯

露天風呂

個室に、露天風呂!!!!!

さてさて、先ほど個室の障子の奥が気になっていましたが…
なんとなんと、障子の向こうには露天風呂があったのです!!

ややの湯さんの温泉は、美肌の湯
角質を洗い流してくれる単純泉という種類の温泉で、“赤ちゃんのような生まれたての肌になれる美人の湯”と言われています。
そこに由来して、「やや(赤ちゃん)の湯」という旅館の名前がついているのだそうです。

この美肌の湯を、24時間いつでも楽しめるなんて……く〜っ、幸せ!

お風呂が部屋から見えるので、お子様連れのお客様も安心
これは若女将さんのこだわりです☆

さてさて、実際に美肌の湯に浸かってみましょう!

お湯加減は…?
熱め! そして、とろっとろ!!

熱過ぎる時は、用意されているホースで水を湯船に入れてくださいね。
屋根がついているので、雨の日もへっちゃらです♪

夏の夜の虫の声を聞きながら、部屋のあたたかい灯りを眺めながら、ゆったりと浸かる美人の湯…
はぁ……控えめに言って最高、でございました(*´ω`*)

かわいすぎるフルーツサイダーに刮目!

お風呂を楽しんだら、いよいよ本日のお目当て!
フルーツサイダーをいただきま〜す♪

フルーツサイダー

ややの湯さんのカウンターでご注文いただけます。1杯500円(税込)

かっ……かわいいっ!!!!!!!!!!!!
おしゃれな植木温泉のロゴをあしらったカップに、彩り鮮やかなフルーツがたっっぷり!

さっそく飲んでみましょう。いっただっきま〜す!

……!? おっ……おいしいっ!!!!!!!!!!!!!
しゅわっしゅわのサイダー
からほんのりスイカの味がして、フルーツが氷のようにシャリッシャリ!!

いったい、どうやって作っているんですか?

スイカパイナップルマンゴー食べやすい大きさに切って、ブルーベリーイチゴぶどうと一緒に凍らせます
ご注文を受けたら、甘すぎないように作ったサイダーを上から注いでできあがりです。
使っているのは、全て植木でとれたフルーツなんですよ。」

ええっ、そんなにたくさんの種類のフルーツが使われているんですか!?
それでこんなにカラフルでかわいい、しかもおいしいフルーツサイダーができているんですね♪

フルーツサイダー、上から

SNS映え間違いなしっ!!!!!

この圧倒的インスタ映えのフルーツサイダーの噂を聞きつけて、このためだけにいらっしゃるお客様もいるとか。
でもでも、このフルーツサイダー、狙いはインスタ映えだけじゃないですよね?

「植木産のフルーツには、美容の味方・ビタミンCがたっぷり含まれています。
植木温泉の美肌の湯に浸かって、フルーツサイダーを飲んで、ビューティーアップしちゃおう☆
というプロジェクトなんです。」

なっ、なるほど…!!
とってもいいお湯に浸かってかわいいおいしいフルーツサイダーを飲んで、それで美肌になれちゃうなんて、
こんなうまい話があっていいのか…!?

若女将さんとフルーツサイダー

CM風のポーズで、若女将さんをパシャリ☆

このフルーツサイダーは、9月30日までの期間限定!!!
期間限定ですよ!!(大事なことなので2回言いました♪)

暑い暑いこの夏、植木温泉でおいしくビューティーアップしちゃいましょう☆

最後までおいしさたっぷり

朝食

ごっ…豪華〜〜!

おはようございま〜す、と目を擦りながら喫茶室へ入ると、机の上いっぱいに朝ごはんがズラリ!
一気に目が覚めちゃいました。

いっただっきま〜す☆
う〜ん、いっぱいあってどれから食べようか迷っちゃう!
幸せな悩みだなぁ…

あれれ、またミニコンロがあるぞ?
今度は何でしょう。わくわく〜

ベーコンエッグ

お鍋の蓋を開けると…!

ひゃあ〜、できたてのベーコンエッグ!!
おもわずご飯をおかわりしてしまいました☆

なんと、ややの湯さんでは食後に淹れたてのカフェラテがいただけちゃいます!!

キャラメルマキアートを淹れる若女将さん

普段は社長さんが淹れてくださるそうですが、今回は若女将さんが。かっこいい!

キャラメルマキアート

淹れたてのキャラメルマキアート。おっしゃれ〜!

日本に2台しかないというエスプレッソマシンで淹れていただいたキャラメルマキアートは絶品!
このエスプレッソマシンは、ややの湯さんの裏に現在つくっている喫茶店で使うのだとか。
喫茶店ができたら、ぜひそちらも行きたいですね!!

さてさて、夢のような一夜と朝を過ごした記者たちですが、この後は授業があるので学校に戻らなければ……
ややの湯さん…お名残惜しいなぁ……
というわけで、プライベートでも必ず来ようと思います!
次はどんなお食事がいただけるのか、また違うフルーツを使ったフルーツサイダーは出るのか…楽しみですね!

みなさんもぜひ、ややの湯さんで素敵な温泉旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか!
フルーツサイダー、9月30日までの期間限定ですよ!(大事なことなので3回言いました)

ちなみに記者たちは、帰りもバス停を間違えて乗り遅れそうになりました☆(バスの運転手さんが、必死の形相で走ってくる私たちを待っていてくださいました^^;)

旅館の情報

名前植木温泉旅館ややの湯
住所熊本市北区植木町米塚366
電話番号096-274-6383
FAX096-274-6384
チェックイン15時~
チェックアウト~10時
HPhttp://www.yayanoyu.com/index.html
その他駐車場有り 50台

平成30年8月現在
※内容が変わる可能性があります。
ご来店の際は、事前に確認をお願いします。
取材日:平成30年7月17日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です