玉名市 足湯のある「立願寺公園」は隠れた名スポット?

概要

玉名駅から車で7分のところに立願寺公園があります。この立願寺公園には広場だけでなく、「しらさぎの湯」という足湯があります。名称についてはその昔、傷を負った白鷺が湯煙立ち上る温泉で傷を治して飛び立ったという疋野長者伝説から由来しているようです。実際にこの足湯に入ってみると、とても体中がポカポカしてきます。

7c311742-7430-4a96-898f-f2abedf47130_compressed

スポット名立願寺公園
住所熊本県玉名市立願寺543
料金不要
駐車場有 5台(無料)

おすすめポイント

立願寺公園には、足ツボを刺激する通路があり、それに繋がっている足湯「しらさぎの湯」は小川のようになっており広いため、ゆっくり足を伸ばせます。夜は10時までライトアップされ、幻想的な雰囲気です。家族、友人、カップルなど、一日の疲れを癒しにたくさんの人が訪れます。屋根付きなので雨の日も安心ですね!

e87fd47b-7e5c-42f2-ad45-616c1891b5e6_compressed

また、広場にはステージがありイベント等も開催されているようです。毎月第3日曜日には玉名立願寺マルシェ湯けむり朝市が開催されています。詳しくは玉名市のホームページをご覧ください。

fae42626-6915-4cc3-8b86-5a2e73871039_compressed

まとめ

立願寺公園は玉名温泉街に一角にあります。周辺にはたくさんの温泉施設がありますので、一緒に利用するのも良いでしょう。足は第二の心臓と呼ばれるほど神経が集中しているそうです。足ツボの刺激と足湯を併用して、これから寒くなる季節、体の芯から温まるのはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です