【草部地区フットパス】阿蘇の大自然を楽しむフットパス!

ムクゲ

こんにちは!Kumarismの福元です!
今回は、阿蘇フットパス草部コースを歩いてきたので、その内容をお伝えします!

自然いっぱい!フットパス草部コース

奥阿蘇物産館からスタート

草部コースは、ランチやお土産を売っている、奥阿蘇物産館からスタートしました。
今回は、草部に初めてのコンビニエンスストアを開業した、ガイドの方と一緒です。

草部コースは、自然が溢れていて、道中には、珍しい花や木などがたくさんあります。
自然が好きな方には、とてもオススメできるコースです!

石碑

まず、到着したのはこの石碑。
昔は、地域の方々がここに集って、飲み会などをしていたらしいです。
今では、ここに人々が集うことは無くなりましたが、綺麗に草が刈られ、整備されています。

栗の木がいっぱい!

栗の木

草部コースのおすすめポイントは、栗の木!
秋頃になると、栗の木には、栗がたくさん生っています!

そして、その下には落ちた栗が!!
持って帰ったら食べれると聞いたので、殻を剥いて、ビニール袋にたくさん詰めました(笑)

栗

栄えていた草部

栄えていた草部

昔の草部の町はとても栄えていたそうです。
周辺の町からも、たくさんの人が草部に来ていたと言います。
郵便局や町役場など、今でも残っている建物を見て、栄えていた草部を思い浮かべました。

レトロな看板

道中には、なんだか懐かしい感じがするレトロな看板もありました。
これも草部コースの見所の一つです。

草部に群生する「ツリフネソウ」

ツリフネソウ

ツリフネソウ

草部コースには、様々な種類の花や木が生い茂っています。
これは「ツリフネソウ」です。船が逆さに釣られているような形から、このような名前がついたそう。
また草部には、自らの葉の下で咲く「葉隠れツリフネソウ」や、珍しい黄色の「黄ツリフネソウ」も群生しています。

猫が酔っ払う?「マタタビ」

マタタビ

マタタビ

これはよく知られている「マタタビ」です。

中国で旅をしていた人が、疲れた時これを食べて、また旅(マタタビ)が続けられるというのが由来だそうです。洒落が効いてますね。

マタタビといえば猫が好きなイメージがありますが、この木の枝を猫にあげると、本当に酔っ払ったようになるらしいです!
気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

南国気分の「ムクゲ」

ムクゲ

ムクゲ

まるで南国に咲いていそうなこの花は「ムクゲ」です。漢字一文字で、「槿」と書きます。
どうして南国を思い浮かべるのか気になったので、調べてみると、ハワイに咲く「ハイビスカス」ととても似ていることが分かりました!
ハイビスカスと容姿が似ているため、「東洋のハイビスカス」と呼ばれることもあるそうです。

素晴らしい田園風景

田園風景

道中では、こんな美しい田園風景を見ることができました!
青い空と一面に広がる田んぼを一望できる贅沢!歩いた疲れも一気に吹き飛びました!

「サルナシ」のジャム

サルナシのジャム

ガイドの方が営む、デイリーヤマザキに到着し、「サルナシ」から作ったジャムを振舞っていただきました。
サルナシもとても珍しい植物なのですが、今回は特別に振舞っていただきました。
自然の甘さが、疲れた体に染み渡りました。
最後まで、楽しいガイドありがとうございました!

最後に

草部コースは、豊かな自然を思う存分楽しめるコースになっています!
景色を楽しむのはもちろん、様々な植物を探しながら、歩くのも楽しいポイントです!
興味を持った方はぜひ、草部コースにチャレンジしてみてください♪

また、今回のフットパスは登山用SNSアプリ「ヤマップ」を利用して、歩行データの記録を行いました!

YAMAP歩行データ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です