[ホテル 河丁]お魚屋さんがやってる料理が本当に美味しいホテル

概要

ホテル河丁は天草市にあり、海沿いにあるため景色がきれいです。また、元々がお食事処だったため料理がご自慢のホテルになっています。元はお食事処のため、ランチやディナーにお食事処として利用することもできます。そのため、ホテルに宿泊をしていない方でもおいしい料理を食べることができます。さらに、海水を沸かした海水風呂(塩風呂)を楽しむこともできます

宿の設備や備品について

お部屋は大体5種類あります。

  1. シングル(1人向き)
  2. ダブル(1人向き)
  3. ツイン(2人向き)
  4. 和室(2~4人向き)
  5. 和洋室(2~4人向き) 和室+ツインベッドなので、状況と交渉次第によっては5人泊まれるかも?

できるだけ海に面したお部屋が多くなるように横に長い建物になっています。海に面したお部屋は基本的に禁煙となっています。ただし、海に面したお部屋の数には限界がありますので、ビジネスで訪れる方などは道路に面したお部屋でもいいと思います。

宿泊料金や夕食について

ホテル河丁の和洋室

今回は和洋室の広々としたお部屋に泊まりました。ツインベッド+和室6畳になっているため、ベッドでゴロゴロもできますし、和室でゴロゴロもできます。
また、和室があるため荷物も広げやすいです。家族旅行や複数人での旅行にぴったりです。
合宿などにも最適な広さだと思います。

ホテル河丁の和洋室

お風呂にはナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルが含まれているそうです。肌に付着した塩分が汗の蒸発を防ぐので保湿効果が高く、湯冷め対策もバッチリです。また、窓からは海が見えますので波の音を楽しみながらお風呂つかるのも楽しいでしょう。

ホテル河丁のさわらの唐揚げ

さわらの唐揚げはとても柔らかく、付属されているダシにつけるととてもおいしいです。魚の唐揚げ涙が出てきたら、熱々のうちに食べるのがオススメです。まるでお肉を食べているような食感です。

ホテル河丁の刺し身盛り合わせ

ホテル河丁の刺し身盛り合わせ

この日出てきた刺身はタイヤタコ、カツオ、イカ、太刀魚などです。大和とても弾力があり歯ごたえがいいです。カツオは生臭さがなく、とても食べやすく、マグロに近いと感じました。特にタチウオが美味しくさらさらと食べてしまいます。茄子とタコとピーマンの炒め物は甘い味噌の味付けに近く、ご飯がすすむような味です。九州民にはたまらない味だと思います。

ホテル河丁のあなごの天ぷら

穴子の天ぷらはサクサクの衣の中に甘めの味付けがついたアナゴが待っています。揚げたてで食べたと笑顔がたまらなくなるような美味しさです。隣に塩も付いているので、塩つけて食べたら塩っ辛さと甘さの夢の共演が叶います。ご飯は白ご飯とお茶漬けから選べます。おかわりもできるので、どちらも食べてみるのも良いでしょう。

ホテル河丁のディナー(タチウオのバジルソース掛け)

タチウオのバジルソース掛けはタチウオ自体がとても柔らかく、爽やかなバジルソースのふんわりとした味付けが特徴的な逸品となっています。タチウオはあまり食べる機会がないので、おしゃれなソースとトマトと一緒に味わいましょう。

味噌汁にはしじみとワカメが入っています。しじみはたっぷり入っていて、街のお味噌汁が好きな方にオススメです。

醤油が入ったサザエ焼きは歯ごたえバッチリです。 以上のメニューには、私たちがお宿に泊まった際のメニューとなります。

その他にも宿泊者以外の方向けに様々な御膳が用意されています。他にも天丼や海鮮丼、お子様ランチなどがあります。

ランチ情報

ランチは営業しています。平日のお昼だったら日替わり御膳もあります。お勧めのメニューや人気メニューも多くなっていて、基本的にはお魚を使ったメニューがおすすめです。あら炊き御膳や河丁御膳は特にお勧め(1,100円)で、魚の煮物がついているためおいしいということです。

ディナーもほぼ同じメニューを食べることができます。日替わり御膳はありませんが、その他の定食系のメニューは食べることができます。周辺のホテルに宿泊したけど、河丁でご飯を食べることもできます。
単品メニューも充実しているので、ちょっとつまみ食いをしたり、晩酌をしたりするのにもぴったりです。

お店の始まりが飲食店ということもあって、リーズナブルな価格でおいしい魚を食べられることをモットーにしていそうです。本当にこれが実現できていて、美味しいお魚を大変リーズナブルなお値段でいただくことができました。熊本市内の飲食店ではこのような値段で食べることはできないだろうおいしいお魚を頂きました。刺身も美味しいですが、味つけされた煮付けや揚げ物などは絶品でした。

おすすめポイント

ホテル河丁の海側のお部屋から見る景色

海に面した部屋の景色の綺麗さ
天気が良ければ日の出がすごい綺麗に見えます。夕暮れも結構綺麗に見えますし、普通の太陽が出ている昼間も綺麗に見えます。
特に海という人波の音のマッチングは最高で、最高に心が癒されます。

やっぱ魚料理が絶品
お食事処としても営業していて、ランチやディナーも食べることができる河丁ですが、料理は本当に美味しいです。天草でも様々なお料理をいただきましたが、魚料理は本当にトップクラスの美味しさだと思いました。コストパフォーマンスが素晴らしいです。
ランチやディナーだけでも頂けるということなので、気になる方は食事だけ食べに来るのもありだと思います。

低価格なドミトリールーム有り(御食事処も併設されてるから、お得にご飯を食べられる)
学生やバックパッカー向けのプランになりますが、ドミトリールームなら1泊3000円程度です。しかも、河丁は御食事処が基本になっているので、安くで夜ご飯を食べることができます。豪華に3000円のコース料理や単品料理も食べることができますが、1000円前後の御膳を食べることもできます。

ふんわりとした雰囲気の若女将が優しい
天草の旅館・ホテルの女将さんたちはとても優しくていい人ばかりですが、河丁の若女将もふんわりとした雰囲気がとても落ち着きます。
ホテル河丁はビジネスホテルとしての利用もできますが、従業員の方や若女将との距離感が近く、まるで旅館に来たかのような感覚になります。わからないことがある場合は従業員の方に敵機てみてください。

まとめ

ホテル河丁は天草からのアクセスもよく、旅行やビジネスにぴったりです。インターネットではビジネスホテルと表記されていることもありますが、一般的なビジネスホテルとはやや遠いです。どちらかと言えば旅館に近く、従業員の方との距離も近く、おいしい料理を存分にいただけるホテルとなっています。

学生の合宿なども来てほしいそうなので、天草での合宿を考えている方は、課長も検討の候補に入れてみてください。部屋数も40部屋ほどありますし、和洋室などだったらたくさん人が入ることができます。海を見たり、美味しい食事で体も癒されるので、ぜひ一度訪れてみてください。
ややコストを抑えたい場合はドミトリールームを利用することもできますし、河丁の中にある御食事処で安めの御膳を食べることもできます。
基本的には個室+美味しいコース料理をオススメしますが、学生の合宿やバックパッカーなどはドミトリー+1000円前後の御膳で安く済ませることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です